PANDEMONIUM/大混乱!?の現場から

pandemic.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2008年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2008年 07月 25日

山下 清

毎日毎日、暑いんだな。

今日も現場から現場、あり得ないくらい暑かったんだな。

今日始めて副都心線、乗ったんだな。

安藤忠雄氏設計?渋谷駅、行ってみたんだな。

何なんだな。


心が折れかけてます。(苦笑)

事務所に戻って、タンクトップ?!ランニング?!になり、

もう事務所に誰も来ないことを祈り、山下清な感じで仕事をしています。

あと30分。

五時を過ぎたらプシュっといくかな(にひひ)

□山下清 公式ホームページ

by pandemic | 2008-07-25 16:21 | 日課牧歌
2008年 07月 17日

RYTHM

現在進行中のビルの居住スペースとマンションのリノベーションのプラン。

いよいよ実施設計に入り1/20詳細平面をスタッフみんなで車座になって打合せ。

いくつものDETAILを積み重ねていき、空間がリアルに浮かび上がってくるとき。

ここで僕が大切にしているのが「RYTHM = リズム」。

ひたすらプランの中を周回し、見回し、テンポをつくっていく。

リズムの良いプランは実際出来上がる空間にも見事に反映されます。


抽象的なことと具体的なことを織り交ぜたスタッフとの打合せ。

スコーン!と、突き抜けた感が図面に出て来た時、それはもう最初の至福。

それでも「建築」はまだまだ続きます。

予算、現場の折衝、そして監理。


ひとつひとつ大事に現場を守り、信じ、作り続けていくしかありません。

by pandemic | 2008-07-17 18:28 | design-architecture
2008年 07月 16日

黒猫

月曜日、日帰りで京都に出張。

京都の美容室の改修現場の確認をし、続いてそのオーナーからのご紹介でクライアント様と初顔合わせ。

話はあっというまにヒートアップし、明るい昼間の通り雨がやむ頃には一路現場へ。

現在は廃墟となっている建物ではありますが、フルリノベーションな計画とのこと。

長いアプローチのとれたその敷地は否が応でも、デザイナーとしてそのポテンシャルを感じずにはいられない。


そのアプローチを抜けいざ建物へ・・・


そこには均整のとれた可愛い「黒猫」が一匹。

僕らをずっと眺めている。

次の日の朝

by pandemic | 2008-07-16 08:55 | 日課牧歌
2008年 07月 11日

最後尾はストームトルーパー

c0001419_1119153.jpg

またあっというまに日々が過ぎてしまった。
しかし本日17日、毎日暑い日が続いています。

実は本エントリー、i-phoneの発売日、朝の6時頃テレビを眺めていて、
青山表参道の行列ををみて、野次馬にランニングがてら冷やかしに行きました。

行列の最後尾に「ストームトルーパー」が、" 受付は終了しました "の看板を持って立っていたのでエントリーしました。

まあ大した話ではないですね。
一週間もたてば、世の中の騒ぎは沈静化。

それでも" i-phone "は2008年のヒット商品には間違いなく、あの行列をつくった熱狂的なファンを持ち得るアップルはやっぱり偉大。

ヒットメイクには憧れますが、なかなか建築ではどうしてこうして・・・

それでも僕は、「決して建築をあきらめない」。
ジョギング中ひとり意を決した僕でした。

by pandemic | 2008-07-11 11:19 | 日課牧歌
2008年 07月 10日

カラスに襲われているヒキガエルを助ける

早朝のジョギング中、ひんやりと静まり返った代々木八幡宮の裏手。

道の真ん中で大きなヒキガエルがカラスに襲われていた。

モーレツにでかいヒキガエルとカラス。

どちらも気持ち悪いが、なんとなくカエルを助けたくなった僕。

普通に近づけばカラスは電線に。

つきたての餅のようにでかいカエル。

幸い序盤の攻防だったらしく無傷。

それでも" だっこ "するのはさすがにキツいなあ〜と、しばしカエルを眺める。

いっこうに逃げ出そうとする気配はない。

そんな光景をカラスは高みの見物。


やっぱり見放すわけにはいかない。

軽くカエルのケツをつま先でつっつきながら、八幡宮の敷地内に導く。


時間にして10分くらい?

ようやく敷地内には入ったが、八幡宮の杜のなか、よーく眺めれば、木の上の方にはカラスだらけ。(が〜〜〜ん)

持って帰るわけにはいかねーし、とりあえず近くにあったゴミ用のポリバケツをひっくり返し、

カエルにかぶせて、漬物石みたいなでかい石を探して来て、カラスにひっくり返されないように重しにする。


俺、何やってるんだろう・・・

気がついたら30分は過ぎていた。



追記:次の日行ったらふつうにバケツは元の位置に片付けられていたが、カエルはいなかった。もしかして夢だったの?

by pandemic | 2008-07-10 11:06 | 日課牧歌
2008年 07月 05日

減酒減遊

お言葉通り

減酒減遊。

夏の盛りに頂いている仕事は、テンコ盛り!?

スタッフとともに集中集中。

暑い夏を、熱く厚く、パンデミックは駆抜けて行きたいと思います。

by pandemic | 2008-07-05 11:05 | 日課牧歌