PANDEMONIUM/大混乱!?の現場から

pandemic.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2008年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2008年 06月 25日

働く車

c0001419_12245748.jpg

僕の親父龍治は建材屋です。

いわゆる砂利砂屋と呼ばれ、10tダンプ(わかりやすく言うとタイヤが10本ついている車)に

自身の会社の看板を背負って朝から晩まで山から現場へ走り回ってきた人です。

僕は物心ついた時からその高い操縦席の隣に乗り込み、後部にある寝台などで昼寝しながら

家に寝に帰ることのしかない親父との時間を過ごしました。


その親父が念願の自身の会社の置場を中郡の大磯に手に入れました。


その土地へのアプローチには錆びた鉄板が敷かれ、

そこにはショベルカーやユンボなどが放置?(笑)されています。

現場を見に行った時、まさにそうした親父との記憶が甦ってきます。

小さい頃、勝手に鍵をくすねてショベルカーを運転してひっくり返したことなど・・・


30年以上も経った今、その「働く車」たちを見れば、そのデザインに何故か興奮してきます。

" 仕事をする " その機能を追求したデザインはタフでワイルドでワクワクさせられます。

力強いキャタピラ、乗り込む際のタラップ、露出された配管やダンパー、

ボディーにダイレクトに加工されたチェッカープレートなど、


ものすごくデザインの可能性を感じることが出来ます。


車のボディー全体が機能的で、ジャングルジムのようによじ登ったり、ぶら下がったり、楽しくて仕方がなかったです。

うちの親父の職種は、「3K」などと呼ばれ、

時代の開発の流れと近年の世の動向にもまれ大変な時代を生きてきたと思います。


僕は僕で呑気に車たちのデザインに感心させられていますが、

塗装が剥げ尚もかつ今も現役で " 働いてくれている " 奴らを見ると

僕は僕で胸が締めつけられるんですね。

by pandemic | 2008-06-25 12:25 | 日課牧歌
2008年 06月 20日

忘れかけていたこと

c0001419_11223983.jpg

6月の18、19日と1泊で家具メーカーAD COREさんのご案内で山形の家具工場を見学してきました。

エントリーした写真はその工場見学をしている合間、近所で見つけた廃工場で、

見学ツアーからひとり抜け出し、探検してきました。


現在、有限会社パンデミックは設立から8期目、本当に忙しくさせて頂いています。


正直、気を抜くことなどできない日々が続いていて、

僕自身、6月に入り過去に起こした交通事故の後遺症から、

雨期の肉体的な負担も重なり、テンションがかなり落ちてきていました。

そんなこともあり、第2週の京都、第3週の山形とある意味、

気分を変えるために忙しいスケジュールの合間を縫って、ムリ繰り当て込みました。



そんな中での思いもよらず目に飛び込んできた「廃工場」。


c0001419_1424366.jpg



僕にとっては新鮮でした。

学生の頃から?!、(小さいガキの頃から?!)、「廃墟」には目がなく忍び込んでは、

その排他的な魅力を併せ持ちかつ創造的な空間は、僕の創造のスリルと欲求を満たしてくれます。


デザイナーとして渇いていること。


以前頂いた巨匠からの言葉を今一度思い起こし、これからも突っ走っていきたいと思った次第です。

____________________________________________________________________

*2005年6月のエントリー 他愛もない話ですがお時間に余裕がある方はお立ち寄りください

 ●6月の青い雨

 ●続6月の青い雨

by pandemic | 2008-06-20 11:21 | magnetism
2008年 06月 15日

NEW → http://www.pandemic.co.jp

c0001419_1012753.jpg

パンデミックウェブサイトを更新させて頂きました。

デザインは HotStuffAssociatesInc.

パンデミックだけでなく、うちのクライアントも大変お世話になっていますね。

2008年の物件に埼玉・朝霞 T.H.S を追加し、LISTやEXHIBITION、COMPETIONページなども更新。

カテゴリーに「HAUS U - 2000」を追加。

しばらくの間、UNDERCONSTRUCTIONとさせて頂きますが、より具体的でわかりやすいページとなるよう打合せを重ねています。

(はい、何せうちのホームページ情報が少ない、わかりにくなどとのお話を多々頂きますので(苦笑))

それでも皆様どこからいらっしゃるのか、アクセスも日々順調に伸びています。

今後もますますサイトの重要性は増していくと思うので、ホットスタッフさんの協力のもとに、

僕なりにいろいろとアイディアを盛り込んでいこうと考えています。

(あまりに抽象的で難しい要求をすることも多々あるとは思いますが、Kくん、Oくん、宜しくです。)

by pandemic | 2008-06-15 09:45 | HAUS-U2000 PROJECT
2008年 06月 10日

「一」と「力」をたして" 万 "

c0001419_16151467.jpg

江戸末期から現存する現役の祗園のお茶屋「一力亭」。

ある案件のオーナーから一力茶屋がイメージの源泉との命を受け、

京都の仕事の打合せとのタイミングを計り「祗園」へ。

夜中ホロ酔い気分で、幽玄と浮かび上がるその佇まいを確認し、

次の日打合せの合間を縫って質感、材料、構成の確認へ。

その意匠を模した店舗は京都の至る所にみられ、また日本中に氾濫しています。

忠臣蔵、歴史の舞台となった「お茶屋」。
c0001419_16175147.jpg

僕は僕でここで感じ取ったことをこれから様々な場所で「意匠」で語っていきます。

by pandemic | 2008-06-10 16:15 | design-store
2008年 06月 09日

京都・神戸そして渋谷

本日日中東京で一、二仕事して、一路京都を目指します。

クライアントはT.H.P Inc. 羽田社長。

かれこれお付合いはパンデミックの創立期以来ですから、10年近くにもなりますね。

公私共々本当にお世話になっている、京都の水先案内人です。(笑)

第一期の工事は2003年。京都 da acca

第二期は2006年、そして今回の2008年第三期改修工事。

ほぼ三年周期で店内をカスタマイズさせて頂いています。

お伺いするたびに、スタッフが増えお店を使い込んで頂いている様子は

本当にデザイナー冥利につき、心強く勇気づけられます。

明日からはいよいよ道玄坂の会員制のLounge IRIEの突貫工事。

どちらも10年以上、長くお付合いさせて頂いている方々からのお仕事。

毎回毎回、新しいことへのチャレンジをご一緒させて頂くのは本当に刺激的。

明日の神戸は、京都の仕事を毎回お願いしている現場監督との打合せ。

気心知れた仲間との仕事もこれまた格別。

by pandemic | 2008-06-09 09:57 | design-store
2008年 06月 03日

事故

腹が減って、夕飯を軽く済ませるつもりでビルを降りれば、

いつもは混んでいる、階下の蕎麦屋がガラガラなのでラッキーと思い何の気なしに、

ひとりでふらりと入る。

2007年のパンデミックの忘年会を貸し切りでさせて頂いた間柄ですから、

店長にサクッと注文。


店長いきなり神妙な面持ちで僕の席へ。

毎日のように会っているスタッフたち。

同世代ですからいつも馬鹿な立ち話。




その仲間うちの、僕とは特に仲の良いスタッフが、先週の木曜日に徒歩で帰宅中、

バイク事故に巻き込まれて現在意識不明の重体とのこと。





ただただ今は彼の笑顔に会えるのを信じて待つのみ。

しばし呆然とし、必ず連絡して下さい携帯番号を書いたメモを涙を溜めた店長に渡す。


事務所に戻ればスタッフはみな仕事に集中している。


今はスタッフみんなでただただただ彼の回復を信じ、祈るのみ。

by pandemic | 2008-06-03 21:46 | 日課牧歌
2008年 06月 03日

UKKII

いよいよアジアンな雨期に突入しました。

いきなりの台風は僕らの原風景の相模湾を目指し、原油高騰により道路は快適。

結果、空気は清浄化に向かい実は日々は快適になるんじゃあないかななどと思いながら、

傘をさしてびしょ濡れになりながらテクテク歩いての出勤です。


昨日は我ら代表の力のこもった戦いを見せてもらった。

欧州選手権、そしてオリンピック、その先のワールドカップ。

football=フットボール

一つだけの球体にみるものすべてが集中し、

各々の選手の技術から繰り出される軌跡に魅了され、

爆発的な歓喜が沸き上がる競技。


やっぱり、僕にとっては特別で格別だ。


「僕らは何も得ていない」

岡田監督の言葉は、僕らの骨身をうつ。


パンデミック建築デザインスタジオ

来るべく時に備えて、私的なfootball BARを計画中。

by pandemic | 2008-06-03 09:38 | 日課牧歌