PANDEMONIUM/大混乱!?の現場から

pandemic.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2008年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2008年 01月 31日

朗報

オゾ〜んの「建築家登録」応募書類一式。

締切日(→本日)消印有効。

幸か不幸かまたお時間が頂けた。

by pandemic | 2008-01-31 11:32 | 日課牧歌
2008年 01月 30日

no Say no

Say no = 断る

" no Say no " という言葉は僕の造語で、意味は「断れない」。(苦笑)

この忙しい時に、今日またあるお仕事のお話を頂きました。
これがまた魅力的な誘惑の多いお話。
クライアントは僕の事を完全に見透かしていますので、
「なんぼや?」「なんぼでやる?」と揺さぶってきます。

お値段の掲示はちょっと待って下さいと・・・

僕なりにしばしその案件に思いを巡らせたいと。

最近思うのですが、僕らに来るお話はクライアントが実はどこかでフィルターを通してきたお話が多いような気がします。(苦笑)
実は皆どこかで一度デザイナーに頼んでいるんですよ。
そこで皆さん納得がいかず?また相性が合わず?
巡り巡って振り出しではなく、僕らとの出会いとなるわけです。

それがわかるから、それを感じてしまうから、もう僕は断れないし、逃げられたくもない。(笑)

今僕はデザイナーである事でクライアントの皆さんを「応援」出来る事を誇りに思い、
ものすごく気持ちがよくて幸せに思います。
はい、照れも恥ずかしげもなく、こんな事をブログにエントリーするのは飲みながら徹夜行進をしているからであります。

明日オゾ〜んの「建築家登録」の締切。(どぅーーーーん!)

by pandemic | 2008-01-30 00:09 | 日課牧歌
2008年 01月 29日

行進

久方ぶりの更新です。(苦笑)

2月から渋谷・道玄坂、平塚・紅谷町、原宿・神宮前、六本木・芋洗坂と立て続けに4件の現場が同時期に始まります。
昨年からの案件も含め、この1ヶ月間、すべての案件の意匠、予算見積調整、スケジュールの調整と毎日同時進行で
パンデミックスタッフとともに集中して1歩1歩積み上げてきました。

ようやくそれぞれの「現場」というスタートラインに立てそうです。

1月は本当に目まぐるしく、朝も昼も夜もなくある意味自由に生きていましたが、
不思議と精神的にはぶれませんでした。
自分で言うのもなんですが、冷静に具体的にそして大胆に、
すべてのプロジェクトのゴールを見据えながらクライアントの皆様や各業者との交渉を粘り強く重ねてきました。

逃げも隠れもせず、堂々とそして毅然と美しくにこやかに。
心の中では、そんな気分で「行進」している感じです。

あくまでも感じですよ。
実際のところは無精髭をはやし、毎日同じような格好で、
リズムだけは崩さないようにそっとひっそりと生きているんです。はい。

by pandemic | 2008-01-29 23:21 | 日課牧歌
2008年 01月 20日

MIND

mind=(1 心 精神 ;知性 知力 思考力)(2 考え、意志)(3 理性)他

おはようございます、僕のブログにいらっしゃる親愛なる皆様。
今日日曜日ですね、みなさん1週間の始まりですよ=(大きなお世話ですね)
常習的にUTADA HIKARU BESTを何度もリピートしながらカチカチやっています。

おかげさまで昨日の提出はタイムリミットには蕎麦屋の出前のようになり、
催促の電話が鳴り響く中、「いまドデカファイルで送ったんだけどー」なんて
肩口の電話では言いながら、目の前のモニターに集中して何とか仕上げました。

がっ!

ファイルデータが馬鹿デカすぎて(150MB)いつものファイル大容量転送サービスが使えず(100MBまで)そこからまたファイルをわけてだ何だしていたらデータは送れてもぶっ壊れていて、
ウォーーーーと思いながら、CD-ROMに焼いて印刷屋に手渡ししようと思いつく。
電話して今からもってく旨を伝えれば、渋谷駅ハチ公前の交番まで来てくれるとのこと。
(顔が真っ赤になるくらい感動)

がっ!

CD-ROMにデータをひとたびダウンロードはじめれば事務所最速の僕のmac(=casablanca「白い家」と勝手に命名。)がおじいちゃんのように遅い!
アイィーーーーーンと思いながらも何とかダウンロードして渋谷の街に飛び込む。
なんじゃこりゃあ〜渋谷はクリスマスかっつーくらいの男と女の人ごみ。
歩道を走り抜けるのは困難なため、渋滞している本店通りから道玄坂を道の真ん中、炎のランナー状態。坂道下りですから体の重い僕に取っては有利!転げ落ちるように109前スクランブル交差点へ。
ここの信号実は歩行者側" 青 "になると駅前のスクランブルも歩行者側" 青 "になるんですね。
皆さんにとってはどうでもいいことですが、蕎麦屋の出前の叔父さんにはとってはとても大事な瞬間です。
更にモモあげ、気持ちはグン↑とアクセルを2速から3速です。
109から渋谷駅まで1分?でワープしてようやく駅前交番へ

ががががっ!

交番が見えないくらいの待合せのひとひと「人」。
あれ?俺誰に渡せばいいんだっけ?
ここまで気持ちだけで走ってきましたので誰に渡すか聞いてませんでした。

「オオスミさん!」
まさにゴッドボイス!帽子をかぶっていた僕を彼はすぐに見つけました。
彼は僕の目を直視し、こんだけ僕が迷惑をかけたにもかかわらず一言だけ
「お疲れさまでした。ありがとうございました。」と。
体中がじわ〜と痺れました。いわゆる「感激」っていうやつです。

時計を見れば午後7時。
僕にとっては、締め切り10分前くらいから時間の意識は全くない3時間。
彼はその間待つこと3時間。本当に大変な思いをさせました。

午後9時、工場の彼から電話が入りました。
データ無事確認出来ました。入稿しましたとのこと。
彼とは1度事務所で挨拶を交わしただけでいつもは電話だけのやり取りだけ。
昼飯も一緒したことありませんが、今度飯でも誘いますかね。

今日は「PANDEMONIUM/大混乱!?の現場から!」、僕らを「応援」していただいたお話でした。

by pandemic | 2008-01-20 05:35 | 日課牧歌
2008年 01月 19日

AUTOMATISM

どうしてこうなっちゃうんだろう。
毎年毎年、今年こそは的なスタイルを思い描くんだけどいつもだいたい結果は同じ。
今日で4日連続ひとり真夜中の事務所でコチコチやっています。

原稿の締め切りは本日16時。(うっ、考えたら目の前がぐにゃあ〜ってした。ぜったいした)

去年のコンペの時も本当に苦しかったなあ〜
プレゼンの当日のぎりぎりのぎりまでやっていてプレゼンの時は汗だくで走っていったから
はあはあしててホント格好悪かったなあ〜
今年は気持ちに常に余裕を持って仕事に臨もうと誓ったんだけどなあ〜

ぼやいている場合ではないですね。はい。

実はお話ししたかったのは、「ぎりぎりのぎり」の「境地」のことです。

「境地」ってきっとあるんです。

「火事場のくそ力」とも言うかもしれませんが僕らみたいな奴ってそういうの好きなんですよね。日常から問題意識を持って生活していれば自動的にイメージが出てくる瞬間があるんですよ。でてきたらこっちのもん。そのチャンスを逃さずガツッと掴んで、バアーーーッと一気に押し倒していく。(笑)もうこの時は体は勝手に動いていきます。

これって癖になるんです。
この瞬間が来ていない時は、僕は何でもはいただのひとです。

やっぱりサッカーなんかも日頃の訓練がとても重要なんですよね。
あっ、そうそう何を言いたいかと申しますと、

日頃の積み重ねがあるからこそ、いつもギリギリでも最後は体が勝手に動いてくれると!

はい、単なる渋谷宇田川町のデザイナーのイイワケじみたつぶやきでした。

by pandemic | 2008-01-19 06:13 | 日課牧歌
2008年 01月 17日

CONCENTRATION

CONCENTRATION = 集中力

年を明けて4日から仕事は一気にフルスロットルです。
パンデミックは現在、埼玉県朝霞で新築住宅を現場監理させて頂いていて、
飲食店は六本木の某有名中華料理店と渋谷・道玄坂のBARの新装工事を今月中の工事契約に向けて現在最終見積中。
続いて昨年から続く、新宿の歌舞伎町の改修、平塚・紅谷町の改修、原宿のショールーム改修等々。
さらに来週から始まるパシフィコ横浜でのJCSCでのブースデザイン及び設営などなど

僕はめずらしく?
事務所でじっくり、図面描いたり、見積したり、グラフィックやったり、気晴らしに寒中見舞書いたり。

様々な場面で、様々なクライアントと連綿と続く電話や打合せのやり取り。
一番大切なのは、「平常心」と「集中力」ですよね。
忙しいと勝手に自分自身で舞い上がって興奮してくるし、ちょっとのことに過敏になります。
どこが真実か見極め判断していかなければなりません。

以前にもブログでも書いたかもしれないけど、やっぱり僕は忙しいとき程、「歩く」。
この1週間毎日2万歩以上。
今日も歌舞伎町から宇田川町の事務所まで歩き、途中明治神宮で「初詣」してきました。
もちろんお願いごとは「○○繁盛」。(口にしちゃまずいですね)

更新もしないのに、日々アクセスが増える僕のブログ。
ぼちぼち親しき方には" ピンキー "な「寒中見舞」届いたのかな?

by pandemic | 2008-01-17 19:16 | 日課牧歌
2008年 01月 08日

応 援 2008

c0001419_10373444.jpg

あけましておめでとうございます。
いやあ〜1ヶ月ぶりくらいの更新となってしまいました。
心ある皆様、諦めず小生ブログにお越しいただいて誠にありがとうございます。

さてまずいいわけを・・・
12月10日から始まった忘年会ツアーと数々の引渡現場、そして来年の仕込みのための案件などなど、
どうしてもブログ更新のための「思考→発信」の余裕ができませんでした。
情けないですね、本当に申し訳ございませんでした。

年始初めての更新はパンデミック2008年の初心表明「応援」です。

昨年末から準備を進めていた、日大藤沢高校サッカー部の応援を年始させて頂きました。
公約通り横浜・三ツ沢球技場の応援席は2400本もの桜色のマフラーで埋め尽くされました。
青空のもとそれはそれは感動的な瞬間でした。
2回戦対戦相手、徳島県代表徳島商業高校の武田主将いわく
「アウェーを痛感した。観客席はピンク色だし、相手は場慣れしていた」。(1/3付神奈川新聞)
(いやあ武田君、日藤サポーターとしてはそんなに嬉しいお言葉はありませんよ。)
3回戦、藤枝東には内容で圧倒したものの、スコアーでは1-2。僕らのお正月は幕を閉じました。

そんな母校の後輩たちの真摯で力強いプレーは僕たちに強くそして深く感動を与えてくれました。
そして彼らを心の底から「応援」できた自分たちをとても幸せに感じました。

パンデミックの2008年初心は「応援」。

クライアントの皆様のために僕らは精一杯「建築とデザイン」で応援させて頂きたいと思います。
今後ともお付合いの程、何卒宜しくお願い致します。

パンデミック 大隅勝治

by pandemic | 2008-01-08 21:39 | PANDEMIC INC. NEWS