<   2006年 10月 ( 16 )   > この月の画像一覧


2006年 10月 31日

磁場

鉄の街 室蘭。


車窓からのせっかくの紅葉でも癒されず、工務店の社長さんの車からの景色に反応。

室蘭の新日石のプラントや新日鉄の工場などにドキドキする。

物凄い磁場。

京浜工業地帯の川崎エリアにも匹敵する。

なかでも函館ドック株式会社 室蘭製作所がとても気になる。


今度行った時、忍び込んでたっぷり写真撮りたい。


それにしても凄いブレードランナーな海岸線。
でも、とっても鄙びてて寂れてて物悲しい景色。


今はやっぱり紅葉より癒される。


追記:京浜工業地帯でググッたら、石井さんという方のブログ工場萌えの日々に漂着。

うおおおお・・・と、読み込むと、なぬなぬ。DVDが発売されてる!!早速注文。

by pandemic | 2006-10-31 23:34 | magnetism
2006年 10月 29日

病み上がり

咳を残しながらの1週間があっという間に過ぎました。

月末ですので土曜日は朝から経理などの事務処理をし、現在進行中のプロジェクトの進行状況をチェック、把握、
これから始まるプロジェクトのスケジュール、デザインの方向性をチェック、確認。


ある会社の社長から頂いた今年一番のお言葉。

「気持ちに余裕を50%つくりだし、残りの50%の力で全力を尽くす。」

そのバランスを崩してはいけないと・・・


社長に言われたのは、お前は忙しすぎる。
心に余裕がないと、決していいものは作れないと。
忙しく今稼いでいてもそれは一時期的なもの。
お前はいい物を作らなければいけない。
そうでなければみんなの期待を裏切ることになるし、きっと未来はないと。



力を発揮するための余裕を自身の内に作り出すのも、才能。


とはいっても、夜5時からはじまった真っ暗闇の中での上棟式もそこそこに、自宅で食事をし事務所に戻り、
夜10時過ぎからソウルメイトとリスペクトしているNY帰りの青山のヘアースタイリストのU氏と打合せとバカ話。

気がつけば、深夜の2時。

お茶でもハイテンションで盛り上がれるのよ。
(最近はお酒が入ると逆にテンションが沈みます。)


夢の中である店の案件のプランと意匠、グラフィックのイメージを仕上げる。
朝から思い出しながらスケッチ。


明日から北海道・室蘭・登別へ一泊出張。
2社残った入札業者の現場と職人さん、会社を視察せていただく。
いよいよ最終局面。責任重大な交渉とジャッジ。


やっぱり、僕はまだまだ自分の気持ちに50%の余裕を作り出せそうにないですん。

by pandemic | 2006-10-29 13:03 | 日課牧歌
2006年 10月 28日

上棟日和

爽やかな秋晴れの今日、上棟式を迎える物件があります。
木造3階建て(2世帯住宅+4室のアパートメント)。
朝からスタッフは飛び回っていて、事務所は静かながらも忙しくしています。


このプロジェクトは資金繰りから計画まで80歳にもなるお祖母様が先頭にたって
御活躍(笑)されていて、いやはや頭が下がります。


何年も前から御家族やお祖母様の間では計画はあったらしいのですが、うちにお話がきたのは1年程前くらいですかね。
僕らがいつもお仕事をお願いしている工務店の監督からの御紹介でした。

実は僕らの前に何度もプランを繰り返し提案している事務所もあったみたいで、
最初お伺いした時は逆によくそこに押し切られず、踏み止まっていられたな・・・
と思ったのが第一印象でした。

とりあえず、一度、パンデミックなりの御提案をさせてもらうことになり、お時間を頂きました。
c0001419_1182314.jpg

手前の白いボリュームと紫色のボリュームが賃貸部分。
奥のガルバリュームのボリュームが母屋です。

何気なく車庫にとめた「VW GOLF」。
実は同居する息子さんが昔乗っていたそうです。

そんな何気ない偶然が重なり、気に入って頂き計画が始まり、やっと今日を迎えることができました。

御家族の終の棲家。
ここまで来るのに長い月日がかかりましたが、御家族にとっては何よりも感慨深い1日になることでしょう。

パンデミック的にはこれからが「現場」の始まりです。
来年の春、皆様に喜んでいただけるよう頑張っていきたいと思います。

by pandemic | 2006-10-28 11:12 | design-architecture
2006年 10月 24日

風邪薬

肺のかたちがハッキリと自分で認識できるくらい、この1週間咳をしています。

夜もろくに寝れないし、プランニングに集中できないのでいい加減にうんざりです。

市販の風邪薬が効かないので、諦めて今から病院に行ってきます。


なんなんデスかね、「風邪薬」。

っていうか、「咳」「痰」「鼻水」。


なんで俺のからだからこんなにも出続けるのだろう。

そりゃあティッシュなんて凄い量です。


おかげでこの週末2キロ体重が減りました。

それってもしかして全部「咳」「痰」「鼻水」?

嘘でしょ。

by pandemic | 2006-10-24 13:37 | 日課牧歌
2006年 10月 23日

日課牧歌

ニッカボッカ=いわゆる鳶の皆さんがはいていらっしゃるあれです。

実に動きやすく、実働機能にぴったりのもの。


それをもじりました。

「日課牧歌」

昨日のシューの走りを見て気合が入りました。


毎日少しでもいいからちょっとでもいいからブログを更新しようと・・・
(なんて小さな計画だろう。)

牧歌的なぼんやりとした話でもいいから載せちゃおうと・・・


と思った矢先


一週間ほど引きずっていた風邪をいよいよ発病してしまいました。

24のテロ攻撃にあった気分です。


僕はやはりジャックやミシェルのようにタフではないので

「感染」しました。


24、シーズン5まで全部見ちゃったし、もう寝床でスケッチでもしまくるしかないですね。

by pandemic | 2006-10-23 11:03 | 日課牧歌
2006年 10月 23日

Michael Schumacher

今シューマッハの引退レース、ブラジルからの生放送を見ています。


実は僕がこの世でもっとも尊敬するアスリートです。


8年前に鈴鹿にフェラーリ・シューマッハを見に行った時は1周でリタイアしてしまいましたが、それでも感動しました。


この前の鈴鹿も絶対に行かなければいけないレースでしたが、いけませんでした。

テレビで見ていてエンジンブローによるリタイアはショックでした。



今、目の前のレース。

深夜に震えが止まりません。

彼はこの日このときF1から引退します。

物凄いレースでした。

この集中力、闘志、冷静さと緻密さ・・・

戦いのために必要な才能をここまで持ち合わせている人はいるのだろうか?

チームをまとめ、ひきつけ、ひとつの目標のために才能を集結させる。


37歳で引退。(僕と3歳違い)

とにかく完走、最後まであの走りが見れて良かった。


僕も気合が入りました。

by pandemic | 2006-10-23 03:57 | 日課牧歌
2006年 10月 20日

未来の老舗と老舗の未来

お店をデザインさせて頂くこと、また企画・計画させて頂くことが日に日に増えています。

実際の設計をしている時もあれば、僕の大好きな現場で奮闘している時もアル。


今は様々なお話を頂いて、企画・計画している最中です。


僕がお店をつくる時に大切にしていること。

「心+意気」みたいなもんですかね。

それは永続性です。


「未来の老舗」をデザインするということは、単にハードの意匠だけではなく、ソフトとの深い連係をした「計画」が必要です。

「老舗の未来」というのはまた、難しくて、その時という時代に対して変わらなければならないことと、変えてはいけないことのバランスの調整が大事だと思っています。


何年たてば「老舗」で、どこからが「老舗」なのか・・・

それは誰がジャッジするもんなんでしょうね。


僕がお手伝いできる「店舗」は、できるだけ「老舗」になって欲しい。
言葉遊びになってしまうかもしれないけど、
「老舗」ってもしかしたらいつの時代の老若男女にも愛されるお店なのかもしれない。

僕はイイ歳の爺さんになっても、青山のLOTUSにはいきたいし、上原のフレッシュネスで孫とスパムサンドイッチなんかをパクついていたい!


裏を返せば、「老舗」をつくるのは、お客様とお店との関係なのかもしれない。

by pandemic | 2006-10-20 18:23 | design-store
2006年 10月 18日

今宵ひと皿

c0001419_109417.jpg

今宵ひと皿  tonight , one dish

本日フジテレビにて、22:48より放映です。

銀座金春通り けせらせらが、御紹介されます。

ナレーションは市川染五郎氏


実は僕、どんな番組か存じ上げていません。(汗)
今から放映が楽しみです。

by pandemic | 2006-10-18 10:11 | PANDEMIC INC. NEWS
2006年 10月 16日

FLW STUDIO

c0001419_1745678.jpg

FRANK LLOYD WRIGHT FOUNDATION

by pandemic | 2006-10-16 16:54 | journey
2006年 10月 16日

忙 殺

暑かったり涼しかったり、いよいよ僕自身の体調が崩れ始めています。

皆々様は大丈夫ですか?


本日お伺いした会社の社長様に、本当に身に余る、有り難いお言葉を頂きました。

正直、僕は恵まれている、

感謝と尊敬の気持ちで一杯です。


今年も3ヶ月足らず、弱気にならず、本気で突っ走っていきたいと思います。

by pandemic | 2006-10-16 16:39 | 日課牧歌