<   2006年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2006年 02月 22日

黒想庵

c0001419_13411789.jpg

日本の伝統色、伝統素材としての「黒」を集める。

銀座への想い

by pandemic | 2006-02-22 13:40 | design-store
2006年 02月 22日

下鴨?下賀茂!?神社

c0001419_12281940.jpg


息子の背中

by pandemic | 2006-02-22 12:29 | PARTY-wedding
2006年 02月 17日

オヤジの家 - 大隅龍治大監督 -

c0001419_21215922.jpg


by pandemic | 2006-02-17 21:22 | design-architecture
2006年 02月 16日

東京から京都そして東京へ

c0001419_14435370.jpg


More

by pandemic | 2006-02-16 14:44 | design-store
2006年 02月 15日

いつもの京都で

c0001419_14212294.jpg


More

by pandemic | 2006-02-15 14:22 | design-store
2006年 02月 14日

東京駅は夜の3時

c0001419_140683.jpg


by pandemic | 2006-02-14 03:43 | design-store
2006年 02月 13日

東京駅は午前4時

はい!おはようございます。
今日はピチカートとかけました。

c0001419_6353185.jpg


フローリングほぼ貼り終え、細部の微調整です。

みなちとナチュラルハイですん。(エルドラ様調)

僕はひと足お先に退散し、事務所でこつこつブログの更新です。


今日は警備員の人に頼み込んで、雰囲気を出してもらうために電気消してもらいました。

それで撮れた写真がこれ

by pandemic | 2006-02-13 06:39 | design-store
2006年 02月 12日

34

サーティーフォー。
今はまっている24(トゥウェンティーフォー)にかけました。

私事で恐縮ですが、
本日無事34年間生きてこれたことを皆様に報告させていただきます。

この世に誕生させてくれ、育ててくれた両親に感謝、
また僕の周りにいる人すべてに感謝の気持ちで一杯です。


そんな、僕にとって大切な日を迎えることが出来た記念すべき場所は・・・


現在進行中の現場

東京駅八重洲地下街

でした。
c0001419_69466.jpg



工事が夜の11時から朝の6時のあいだでしか出来ませんので、
解体後の墨だしのチェックでお伺いしていたのです。


いやあ〜楽しかったです。

正直ローラースケートでも持っていって、光GENJIばりにすべりたかったです。
(あり?もしかして寒いですか?世代が分かりますね)


深夜の12時も過ぎれば、現場の人と警備員以外ダア〜れもいなくなりますからまさに探検です。


僕的にはガツンと現場以外消灯していただいて、地下街の暗闇を探索したかったのですが、
警備員の方たちが気を利かしてくれて、空間はシーンと白々しく明るくていまいちでした。


現在東京駅の八重洲口は丸の内側の開発と共に大規模な工事が始まっています。

その工事に伴い足元の地下街も様々なお店のリニューアルが進んでいます。


そんな中、今回僕らがデザインさせていただいてるショップは
「働く女性のための流行の発信基地」(笑)
(笑っちゃあいけませんね、僕がファッションを語るのはチト照れます)

S-Quintsです。

今日もこれから現場のフローリング貼りですから、不安で夜も眠れないので・・・
(冗談です。もちろん塗装工程は立会いましたので、確認は出来ているのですが・・・)
何だか面白そうだし、こういった経験はなかなか出来ないので行ってきまあ〜す!!

ちなみにショップのオープンは2月20日です。
このブログを通じてお店にお伺いしてくれた人にはスタッフの方に「光GENJI」という合言葉を言っていただければ、
働く女性のための素敵な「何かが」もれなくプレゼントしていただける・・・


予定です。(笑)


くれぐれも男性読者は「働く女性」になりすまさないで下さいね。
c0001419_685320.jpg

*写真はS-Quintsとは関係はございません。地下街をひとりうろうろしていてご近所さんを撮影したものです。

by pandemic | 2006-02-12 23:26 | 日課牧歌
2006年 02月 09日

向かい風

毎日毎日更新が出来ず、自慢げな画面には皆さんもううんざりですよね。

本当にごめんなさい。

自慢でもなんでもなんでもないんです。はい。

去年の暮れから、今年に入り今の今まで、

様々なことが起こり、立ち向かい、乗り越えている日々です。


今日のエントリーも、昨日、風の強い夕方、娘との保育園の帰り道、

向かい風に一人向かって力強く歩く、

たのもしい小さい小さい彼女を見ていて思いつきました。


どんな仕事をしている人も皆、日々挑戦していると思います。

僕も毎日毎日、プロジェクトプロジェクトが何一つ同じものではなく、

次から次へと予想もしない問題が出てくるなか、

箇条書きのメモをひとつひとつ書いては消して書いては消しての繰り返しです。


それでも少しずつ前進し終わりは見えてくるのです。

様々な分野のたくさんの方のお力をお借りして、

ひとつひとつやり遂げていくのです。


日々仕事をしていると、どうしても合理化を進めていこうとしがちですが

やはり合理化できるところと、どうしても魂で進むというんですかね

"ガッツ"で"がつん"(死語ですね、すいません)と

いかなければいけないところがあります。


酔ってはいません。

毎日毎日「地下鉄」乗って大爆走なんです。

by pandemic | 2006-02-09 22:43 | 日課牧歌