PANDEMONIUM/大混乱!?の現場から

pandemic.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2005年 09月 ( 18 )   > この月の画像一覧


2005年 09月 28日

建仁寺

c0001419_18511617.jpg

通称 たけひと 寺。(笑)

日本最古の禅寺 建仁寺

by pandemic | 2005-09-28 18:51 | 日課牧歌
2005年 09月 27日

Less but better

c0001419_18494265.jpg


このエントリーはcabanonさんのブログ"Design Passage"のエントリー
ディーター・ラムス Less but better展」にトラックバックしています。

by pandemic | 2005-09-27 23:47 | museum
2005年 09月 26日

現場再見

c0001419_1847460.jpg


by pandemic | 2005-09-26 23:47 | design-store
2005年 09月 25日

しごと・シゴト・仕事ー

3連休は3仕事。

何かに憑りつかれたように仕事しています。

とりつく仕事があるだけでも本当に幸せ。(正直、楽しくてしょうがない)



今日も毎度のゴトク、寝付けずこんな時間に起きてしまいます。
いえいえ、心配事とかそういったネガティブなことではなくて
単に興奮しているだけなんですよ。

月曜日は京都出張。(1泊ですん!きゃあ~)
来週からはオーストラリア・ブリスベン出張。(機内2泊現地1泊、弾丸ツアーですん)

ともに新しい案件。
何だかとんでもないことになってきました。

ほんと、嬉しいかぎりです。



クライアントの皆様へ
気力、体力そして肝心な"知力"みなぎっております。
例にもれず、かなり気合入っております。
頑張ります。

京都 da acca、ふぉ~~~~~~~~~~~~~
ブリスベン HANAICHI、FOoooooooo~~~~~~
HG調(大好きです)、失礼いたしました。

by pandemic | 2005-09-25 04:40 | 日課牧歌
2005年 09月 24日

御褒美

c0001419_9364094.jpg

痺れた・・・

決して、辛かったから痺れたわけではありません。

土曜日の夜、がむしゃらに突っ走っている僕らパンデミックへの暖かい差し入れ。



神保町の軍曹の御心づかい。
人生の辛さとあいまって、タイの辛さが身にしみます。(ちと大袈裟です)

気合い注入!
一番町 T.O.N Apt.
頑張ります。

この場を借りてスタッフ共々御礼申し上げます。

by pandemic | 2005-09-24 23:38 | gifts
2005年 09月 23日

オヤジの家 - 残暑 -

c0001419_9111662.jpg

週末になると、オヤジの見舞いもかね、現場にお伺いする。

上棟前の現場には日陰など一切なく、
基礎・土工事を担当する職人達を容赦なく照りつける。
おかげで彼等は抜けるような黒さだ。

談笑時に見せる、真っ白の歯と目。正直、うらやましい。

絞り出されるように汗をかき、目の前の作業に没頭する姿は美しい。



気合い注入。
僕らパンデミックはこの現場の旗振りだ!

by pandemic | 2005-09-23 23:05 | design-architecture
2005年 09月 22日

原点回帰

僕は凹んだ時程、迷った時程、パンデミックの過去に戻る。


c0001419_13231174.jpg



パンデミックがデザインしてきたお店を訪ね、オーナーとしばし談笑しお互いの無事を確認し?!、次へと向かう。


昨日は平塚の現場の帰り道、茅ヶ崎の美容室(店舗付二世帯住宅:W.N.B)小坪海岸・凛花を新しいスタッフの紹介もかね訪ねてきました。

茅ヶ崎 W.N.Bはアポなし、定休日だった為オーナー不在でありましたが、小坪海岸・凛花 朝倉氏は御家族でバーベキューなどでお楽しみのところわざわざ抜けてきて下さって、しばし反省会?をしました。

定休日であったので館内隅々まで拝見させていただきましたが、本当に綺麗で手入れが行き届いていて嬉しい気持ちになりました。

オーナーの道具といっては少々軽薄ではありますが、パンデミックがデザインしたものを世の中で生き生きとお使い頂いているご様子には本当に元気づけられます。

今年もまだまだ頑張っていきます。

いくでーーーー(まだ1速デスン・・・)

by pandemic | 2005-09-22 11:01 | design-graphic
2005年 09月 21日

オヤジの家 - 駄目出し -

日々静かな炎を燃やし続けております。



本日「平塚O.S.M」材料検査のため朝から我が故郷平塚に何時間か帰京しました。

今回の住宅はオヤジが頑なにこだわった、「瓦屋根」そして「7寸柱」さらにその小屋組を見せる吹抜に深く関わる材木等のチェックでした。

c0001419_2012778.jpg


見せられた太鼓梁を組む松の大梁にはなんともピンとこなかった。

サイズ云々よりも、材がもつ素性っていうんですかね、何とも生命力が感じられなかった。

故に擦った揉んだの末、「チェンジ!」。

c0001419_20241553.jpg


後日改めて、製材前の丸太を探してきていただいて目利きします。

本気出せよ!材木屋!

by pandemic | 2005-09-21 20:03 | design-architecture
2005年 09月 20日

捨てる神 拾う神

未だ大きな声では言えませんが、ヒントはここに・・・

パンデミック オオスミカツジ

by pandemic | 2005-09-20 18:15 | PANDEMIC INC. NEWS
2005年 09月 19日

パンデミック " 秋の陣 "

あれよあれよという間に、エントリーを12日間もしませんでした。

ブログをはじめて約10ヶ月、更新がこれほどあいたのははじめてだと思います。


理由はただひとつ。



僕自身が凹んだからです。(苦笑)



凹んだ理由は、まだ申し上げられませんが

かなり「凹んだ!」とだけ申し上げておきましょう。

ブログの更新をサボっていた12日間、何人かの心ある友人達からメールを頂きました。

正直、固くなりつつあった心が「柔らかく」なりました。



明日から新しいスタッフとパンデミックとの3ヶ月間のお見合い期間が始まります。

いつまでもトップページを"モリトさん"に任せておくわけにもいきませんし(笑)

僕が愚図愚図しているわけにもいきません。




最後に何の前触れもなく更新を止めてしまったにもかかわらず、
毎日本当にたくさんの方々に来ていただいています。
本当に心苦しく思っていました。
申し訳ございません。


これから少しづつですが、テンションを上げていきたいと思います。
今後とも何卒宜しくお願いします。

by pandemic | 2005-09-19 14:38 | PANDEMIC INC. NEWS