PANDEMONIUM/大混乱!?の現場から

pandemic.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2008年 06月 03日 ( 2 )


2008年 06月 03日

事故

腹が減って、夕飯を軽く済ませるつもりでビルを降りれば、

いつもは混んでいる、階下の蕎麦屋がガラガラなのでラッキーと思い何の気なしに、

ひとりでふらりと入る。

2007年のパンデミックの忘年会を貸し切りでさせて頂いた間柄ですから、

店長にサクッと注文。


店長いきなり神妙な面持ちで僕の席へ。

毎日のように会っているスタッフたち。

同世代ですからいつも馬鹿な立ち話。




その仲間うちの、僕とは特に仲の良いスタッフが、先週の木曜日に徒歩で帰宅中、

バイク事故に巻き込まれて現在意識不明の重体とのこと。





ただただ今は彼の笑顔に会えるのを信じて待つのみ。

しばし呆然とし、必ず連絡して下さい携帯番号を書いたメモを涙を溜めた店長に渡す。


事務所に戻ればスタッフはみな仕事に集中している。


今はスタッフみんなでただただただ彼の回復を信じ、祈るのみ。

by pandemic | 2008-06-03 21:46 | 日課牧歌
2008年 06月 03日

UKKII

いよいよアジアンな雨期に突入しました。

いきなりの台風は僕らの原風景の相模湾を目指し、原油高騰により道路は快適。

結果、空気は清浄化に向かい実は日々は快適になるんじゃあないかななどと思いながら、

傘をさしてびしょ濡れになりながらテクテク歩いての出勤です。


昨日は我ら代表の力のこもった戦いを見せてもらった。

欧州選手権、そしてオリンピック、その先のワールドカップ。

football=フットボール

一つだけの球体にみるものすべてが集中し、

各々の選手の技術から繰り出される軌跡に魅了され、

爆発的な歓喜が沸き上がる競技。


やっぱり、僕にとっては特別で格別だ。


「僕らは何も得ていない」

岡田監督の言葉は、僕らの骨身をうつ。


パンデミック建築デザインスタジオ

来るべく時に備えて、私的なfootball BARを計画中。

by pandemic | 2008-06-03 09:38 | 日課牧歌